教育方針・教育プログラム

教育方針

看護部の理念を基盤とし、豊かな人間性と倫理観に富んだ信頼される看護師を育成するとともに、患者中心の安全で質の高い看護を提供できる人材を育成します。

クリニカルラダーシステム

看護部では、看護継続教育の一環として、クリニカルラダーシステム(臨床看護実践能力習熟段階制)を行っています。

臨床看護実践・管理能力開発プログラム

パートナーシップ・ナーシング・システム(PNS)

病棟の先輩や後輩、持ち味や得意分野の異なるスタッフが、パートナーを組むことにより、それぞれの持ち味を活かし、能力を発揮するシステムです。パートナーがお互いを尊重し合い、「協調・協働」して看護ケアの実践を行います。

お互いの活動を補完しながらグループ活動を行う → 看護ケアにも相乗効果が生まれる


川門 栞さん
先輩とペアで協力しあって業務をすることで効率も上がりますが、先輩が患者さんを大事にしている思いや看護観、また、自分では考えつかないようなことができる先輩の技術やスキルを間近で学ぶことができます。

大宜味洋平さん
PNSの良いところは、一人ではなくて二人で回るところです。先輩と組む時や後輩と組む時もあります。自分だけの判断では迷ったりしますので、他の人の意見も聞いて患者さんの状態をアセスメントすることで、安心して先生に報告し、指示をもらえます。

仲村輝拓さん
新人の自分にとっては、知識とか経験とかもない中、先輩といっしょにできるという心強さもあり、仕事で一杯一杯の時でもフォローしていただいたり、臨床の場でも優しく教えてくれるというのはPNSのいいところだと感じています。