• スライダー画像01

認定看護師

認定看護師の資格とは——
看護師として5年以上の実践経験を持ち、日本看護協会が定める認定看護師教育を修め、認定看護師認定審査に合格することで取得できる資格です。審査合格後は認定看護師としての活動と自己研鑽の実績を積み、5年ごとに資格を更新しています。

認定看護師の活動内容は——
患者・家族によりよい看護を提供できるよう、認定看護分野ごとの専門性を発揮しながら認定看護師の3つの役割「実践・指導・相談」を果たして、看護の質の向上に努めています。
※出典:公益社団法人 日本看護協会

集中ケア認定看護師 中村 啓介

――限られた時間の瞬時の判断で――

患者様が集中治療室に入室されて大変な治療の過程では、直接何かを訴えることができないこともあります。その中で、適切な判断で看護を行うことができたときに看護のやりがいを感じます。一般病棟でも重症患者の対応ができるように、勉強会や院内ラウンドによる指導やコンサルテーションを行い、クリティカルケア看護の実践と質の向上に努めています。

感染管理認定看護師 外間 武

――医療の質と安全の向上を――

患者様とその家族、また病院で働くあらゆる人々を感染から守るために、専門的知識・技術等を用いて病院内を組織横断的に活動し、私たちが提供する医療の質と安全の向上を目指しています。
感染管理に関する疑問や質問があれば、気軽に声をかけて下さい。時間が許す限り、いつでも相談に乗ります。

感染管理認定看護師 鉢嶺 愛美

集中ケア認定看護師 比屋根 寛

がん放射線療法看護認定看護師 二瓶 友恵

――患者様に寄り添えることがやりがい――

放射線と聞くと大抵の患者様は怖いイメージをお持ちだと思います。ここで使っているトモセラピーという機械は、腫瘍にピンポイントで照射できることが特徴です。痛みや熱などの身体的感覚を感じることはありません。そのため治療の実感が得られにくく、患者様にとっては分かりにくいです。だからこそ私たちがそばにいて不安や何に困っているかなどをアセスメントし、支えていくことが大切だと思っています。

がん放射線療法看護認定看護師 今野 智恵

クリティカルケア認定特定看護師 糸数 卓弘

――「この看護でいいのか?」と自分に問いかける――

救急外来では救急車の受け入れと、自己で来院された患者様の対応をします。そのような状況で多数の患者様から緊急性の高い患者様を見逃さないよう院内トリアージ(緊急度判定)を行い、治療の優先順位を決めています。救急外来で大切にしていることは、重症化予防のためには迅速な対応が必要なので、医師が行う検査や処置を予測し事前準備をします。また付き添いの家族は患者様と離れて不安な気持ちで待たれているので、なるべく早く面会ができるよう心がけていますす。

手術看護認定看護師 山川 昭彦

――手術室は周術期看護――

患者様が手術室に入ってきた瞬間から仕事が始まりますが、手術前には不安を抱えている患者様をサポートしてあげて、手術を受けるまでにどういったことをやらないといけないとかをお伝えしています。手術中は集めた情報を患者様に反映する個別的な看護を行います。手術後は自分たちが行ったケアが本当に正しかったかと確認します。術後の患者様が何か問題を抱えてたり不安に思っていたりする場合はそれをサポートするところまでが周術期看護です。

緩和ケア認定看護師 崎浜 里乃

緩和ケア認定看護師 濵野 加奈子

患者さんの思いに寄り添える看護を目指して—–
「緩和ケア」というと、終末期をイメージされる方も多いのではないでしょうか。緩和ケアは、病気に伴う身体と心のつらさを和らげ、普通の生活ができ、その人らしく生きられるように患者とその家族を支えるケアのことです。がんと診断されてから人生の最終段階に至るまで、どの時期においてもご自身が望む治療を受け自分らしく生活できるように援助します。身体症状(痛み、吐き気、息苦しさ、怠さ)の緩和や精神症状(不安、不眠、気持ちの落ち込み)の緩和、療養生活の調整や支援が出来るよう心がけています。