認定看護師

認定看護師の資格とは——
看護師として5年以上の実践経験を持ち、日本看護協会が定める認定看護師教育を修め、認定看護師認定審査に合格することで取得できる資格です。審査合格後は認定看護師としての活動と自己研鑽の実績を積み、5年ごとに資格を更新しています。

認定看護師の活動内容は——
患者・家族によりよい看護を提供できるよう、認定看護分野ごとの専門性を発揮しながら認定看護師の3つの役割「実践・指導・相談」を果たして、看護の質の向上に努めています。
※出典:公益社団法人 日本看護協会

集中ケア認定看護師 中村 啓介

――限られた時間の瞬時の判断で――

患者様が集中治療室に入室されて大変な治療の過程では、直接何かを訴えることができないこともあります。その中で、適切な判断で看護を行うことができたときに看護のやりがいを感じます。一般病棟でも重症患者の対応ができるように、勉強会や院内ラウンドによる指導やコンサルテーションを行い、クリティカルケア看護の実践と質の向上に努めています。

感染管理認定看護師 外間 武

――医療の質と安全の向上を――

患者様とその家族、また病院で働くあらゆる人々を感染から守るために、専門的知識・技術等を用いて病院内を組織横断的に活動し、私たちが提供する医療の質と安全の向上を目指しています。
感染管理に関する疑問や質問があれば、気軽に声をかけて下さい。時間が許す限り、いつでも相談に乗ります。

集中ケア認定看護師 比屋根 寛

――今何が問題であるかを明確に――

集中ケア認定看護師は、主に集中治療室で過大侵襲にある患者様や手術後の患者様を対象とし看護ケアを行います。
そのため、適切なアセスメントと患者様からの訴えから、今何が問題であるかを明確にし、患者様の重症化の回避と早期回復を促す看護ケアを実践していきたいと考えています。

皮膚・排泄ケア認定看護師 西田 喜郎

――患者様にいいケアの提供を――

主に病棟の看護師と一緒に患者様のケアに入りながら、褥瘡(床ずれ)やストーマ(人工肛門)の予防、ケアの指導を看護師に行っています。ストーマを作られた患者様には、ご本人やご家族の方、病棟の看護師に「こういうところを、気をつけてくださいね」というようなケアの提案や指導も行っています。

がん放射線療法看護認定看護師 二瓶 友恵

――患者様に寄り添えることがやりがい――

放射線と聞くと大抵の患者様は怖いイメージをお持ちだと思います。ここで使っているトモセラピーという機械は、腫瘍にピンポイントで照射できることが特徴です。痛みや熱などの身体的感覚を感じることはありません。そのため治療の実感が得られにくく、患者様にとっては分かりにくいです。だからこそ私たちがそばにいて不安や何に困っているかなどをアセスメントし、支えていくことが大切だと思っています。

救急看護認定看護師/特定看護師 糸数 卓弘

――「この看護でいいのか?」と自分に問いかける――

救急外来では救急車の受け入れと、徒歩で来られた(ウォークイン)の患者様の場合は、緊急性があるのか、待てるのか聞いてトリアージ(緊急度の判定)をしています。そこで治療の優先順位を決めます。この救急外来で大切にしていることは、迅速な対応が必要なので、医師がやることを想定して事前準備をすることと、家族は患者様と離れて不安で待っているので、なるべく早く会えるようにすることを気をつけています。

手術看護認定看護師 山川 昭彦

――手術室は周術期看護――

患者様が手術室に入ってきた瞬間から仕事が始まりますが、手術前には不安を抱えている患者様をサポートしてあげて、手術を受けるまでにどういったことをやらないといけないとかをお伝えしています。手術中は集めた情報を患者様に反映する個別的な看護を行います。手術後は自分たちが行ったケアが本当に正しかったかと確認します。術後の患者様が何か問題を抱えてたり不安に思っていたりする場合はそれをサポートするところまでが周術期看護です。

皮膚・排泄ケア認定看護師 久保田和美さん

――病棟の看護師との情報共有や指導が大切――

院内で褥瘡(じょくそう)の専従業務をしています。また他の施設に勉強会で行ったり、隣接の老人ホーム「かふう」や訪問看護、デイサービス、デイケアの方にも個別的に対応をしています。退院する際にも、継続した看護を行うために地域の施設やご自宅に情報発信しています。病院を離れても患者様の日々の生活が少しでも良くなればと思っています。